正しい歯磨きの必要性とは? - 歯に関するアドバイス

無料メール相談

予約・お問い合わせは048-522-8241

歯に関するアドバイス

2017/05/26
正しい歯磨きの必要性とは?

はじめに

みなさんは日ごろからきちんと正しい歯磨きをなさっていますか?

adv_170501.jpg

ご自分の歯の健康を維持するにはクリニックでの定期的な検診に加え、日ごろのデンタルケアとしてきちんと歯磨きを行うことも大切です。歯磨きをきちんとしていれば歯周病や虫歯を予防できるため、痛い思いをして治療を受ける必要がなくなるはずですし、費用もかからないため時間とお金の節約になります。

ここでは、正しい歯磨きの必要性についてお教えしたいと思います。

 

正しい歯磨きの必要性とは?

正しい歯磨きを行うことはお口の中の不快感を取り除くだけでなく、もっと重要な意味があると言われています。

 

1.歯石の付着を防止する

プラークとは歯石になる前の状態のものです。歯の表面に付着している物質です。一般的には歯垢と言われています。1mgには1億個以上の細菌が存在しています。歯磨きがしっかりできていないと徐々に歯垢(プラーク)をつくってしまうため、自分の口腔内の状況を確認して、除去する必要性があります。

adv_170502.jpg

プラークコントロールを行っていれば歯石が付くのを防止できます。
歯石はかなり硬いものなので、歯ブラシだけで落とすことは不可能です。
なので、正しい歯磨きによって付いてしまったプラークを日ごろからキレイに落としておくことは大変大切なのです。

2.歯周病や虫歯を防止できる

プラークにはたくさんの細菌が棲んでいます。その中には歯周病や虫歯の原因になるものもあるため、それらの細菌が口の中で活動しにくい環境を作ることも歯磨きの役割だと言えるでしょう。

3.ケアしやすくなる

正しい歯磨きをしていると歯の表面以外にも歯と歯の間や歯ぐきの間にもプラークが少なくなり、歯磨きしやすくなっていきます。

たとえばですが、きちんと整理整頓された部屋は散らかったり、汚れるとすぐに分かるものです。それと同様に、プラークも磨き残しがなかった場合汚れが分かりやすくなります。

また、プラークや歯石がない状態だとブラッシングしやすくなるというメリットもあります。

4.脳の活性化

意外だと思われるかもしれませんが、歯磨きには脳を活性化する効果もあります。勉強や家事、仕事などで集中した後は精神的にも肉体的にも疲れるもの・・。

そんな時に歯磨きを行うと脳が活性化され、リフレッシュできるという研究結果があります。

疲れている時に正しい歯磨きをすることでお口の中が適度に刺激され、脳が刺激されることによって気持ちがリセットされ、集中力が高まる・・など、さまざまなありがたい効果があるわけですね。

また、歯磨きの際に好きな香りがする歯磨き粉を使えば、アロマテラピー効果も期待でき一石二鳥ですのでおススメです。

5.アンチエイジング効果も

毎日正しく歯磨きを行うことによって、ほどよくお口の中が刺激されるため、唾液がサラサラになっていきます。

このサラサラした唾液がたくさん分泌されることで成長ホルモンの一つであるパチロンという物質が分泌されるようになり、全身の細胞の新陳代謝がアップして骨や歯が丈夫になったり、髪の毛や肌のツヤがよくなる・・などの効果が期待されます。

正しい歯磨きによってアンチエイジング効果もあるということです。

 

正しい歯磨き法とは?

スクラビング法

adv_170503.jpgスクラビング法とは歯ブラシを歯に直角に当て磨く方法です。
虫歯を予防するにはこのスクラビング法がプラークをもっとも効果的に落とせる方法です。

さらに、凸凹しているところや一番奥にある歯、歯ぐきが下がっているところなどは歯ブラシを斜めや縦に入れて磨くと効果的です。

デンタルフロスを使う

adv_170504.jpg虫歯のほとんどは歯と歯の間からできると言われており、その部分は歯ブラシだけで落とすことはできません。
デンタルフロスを使って虫歯の原因となるプラークを落とすことが重要です。

磨く時間は15分程度

虫歯の原因となるプラークを落とすためには、歯ブラシでこすり落とす必要があります。
プラークは歯にべっとりとついているため、歯の表面に歯ブラシがしっかりと当たって10回程度は磨く必要があります。
そのために、プラークを全て落とすにはしっかりと15分程度は磨く必要があるでしょう。

食後すぐに磨かない

食事をした後すぐに歯磨きをする方がいい・・と考える方は多いですが、実際には歯の表面を傷つけたり、虫歯になるリスクが高まるそうです。
食事をすると口の中は酸性に傾きますが、歯のエナメル質はこの酸に非常に弱く食後すぐに歯磨きすると歯が弱っていきます。
これを続けていると次第に歯は傷んでしまうのです。
なので、健康な歯を保つには食後30分以上経ってから歯磨きをすることが理想です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
歯についたプラークはねばねばとしており、正しい歯磨きによってこのプラークを落とすことが大切です。
このプラークを放っておくと次第に硬い歯石になっていきます。
そうなれば、クリニックへ行って除去してもらうしかありません。
われわれ人間は目的や意義がはっきりすれば自然に行動できる生き物です。
なので、お口の健康を守るためにも正しい歯磨きを行うことが重要です。
正しい歯磨き法を身につけていただき、健康的ではつらつと若々しい生活を送ってみませんか?

adv_170505.jpg

月別アーカイブ