熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックの院内感染予防について

無料メール相談

院内感染予防

院内感染予防の取り組み

院内感染予防 当院では自分や最愛の家族でも安心して治療が受けられる歯科医院作りをテーマに院内感染予防、衛生管理に取り組んでいます。

院内感染とは患者様から医療従事者や他の患者様へ病気が感染してしまうことをいいます。
歯科の治療では少量の出血を伴う治療もあるため、院内感染のリスクが高く、C型肝炎、エイズなど非常に危険なウィルスへの対策が不可欠となります。

しかし、歯科医院で扱う器具は多種多彩で患者様一人一人使用するものがそのつど違い、全ての器具を清潔に保つことはとても大変なことなのです。

また、滅菌、消毒には多くの手間とそれに伴うコストがかかるにもかかわらず、保険診療報酬には組み込まれていないため、しっかりやればやる程、医院の経営を圧迫することになり、残念なことに十分な滅菌、消毒を行っている歯科医院は少ないといわれています。

それでも当院ではこだわりをもって力をいれておりますので、ここでは治療を受けるだけでは患者様に分かりずらい滅菌、消毒、衛生管理の取り組みについてご紹介いたします。

殺菌スリッパケース

殺菌スリッパケース 院内感染対策は医院に入るところから始まっています。
医院に入ると、玄関両サイドに大人用、子供用それぞれ殺菌灯付スリッパケースを完備しております。

公共施設などでスリッパを履くとき不潔だなと感じた経験はどなたにもあるのではないでしょうか。

病院などではスリッパが院内感染の原因となる菌をばらまき、問題視されています。

当院では殺菌スリッパケースを設置し、紫外線を照射してスリッパに付着している菌を殺菌しているので、常に皆様が清潔なスリッパをご利用いただけます。

可能なかぎり使い捨て製品を使用

口をゆすぐためのコップやミラー、ピンセット、メスや針など使い捨て可能な製品を使用することで、他の患者様と同じものを使用することが絶対ないようにしております。

高圧蒸気滅菌器「オートクレーブ」

オートクレーブ 空気に圧力をかけることにより高温の状態にして、121℃、2気の高温高圧で器具類に付いている菌やウィルスを殺す装置です。

主に歯科治療に使うピンセットやミラーなどの基本セットの滅菌に使用しています。
院内感染防止のメインになってフル稼働している機械です。

超音波洗浄器

超音波洗浄器 治療した器具には目に見えない汚れが沢山付着しています。汚れが完全に落ちていないと滅菌、消毒が不十分となり二次感染の恐れがあります。

そのため、超音波洗浄器を使用したうえで滅菌、消毒をしており、どんな汚れにも対応できるようにしています。

自動オイル注入器「ルブリナ」

ルブリナ 歯を削るタービンは回転を中止した時、内部が陰圧となり、削りかすやだ液、血液などが機械内部に引き込まれてしまいます。

タービンの内部は複雑で滅菌できない可能性があるため、ルブリナを使用する事により自動的にオイルを注入し、内部を確実に洗浄することができます。

高速高圧蒸気滅菌器「ステリマスター」

ステリマスター タービンやバー類など、診療中頻繁に使用する器具は、通常の滅菌器では40分かかってしまう滅菌を、容量を少なくすることによりわずか7分で完了することが可能となります。

個別パック

治療に使用するミラー、ピンセットなどの器具は滅菌用パックの耐熱シートに個別に入れシーラーで封鎖して滅菌をしています。
パックすることで準備段階で汚してしまったりすることがなく、無菌状態のまま使用できるので安心です。
手間はかかりますが重要なポイントです。

強酸性水生成器

強酸性水生成器 色々な細菌やウィルスを滅菌する消毒薬は沢山ありますが、消毒作用が強いものは人体に対する毒性も強いため使用に際しての注意が必要です。

しかし、この強酸性水は水道水に食塩を入れて電気分解することにより生成されたもので、優れた殺菌効果を持ちながら、人体への影響は殆ど無いと言われています。
器具の消毒はもちろん手指の消毒やうがい、入れ歯の消毒、ユニットやスリッパの拭き掃除、むし歯や歯周病菌の殺菌にも使用されています。

紫外線殺菌庫

滅菌した器具を紫外線殺菌庫に保管します。
滅菌された器具を無菌状態で保つための保管器です。

高水準消毒薬「グルタールアルデヒド」

オートクレーブにかけられない熱に弱いプラスティックやゴム製品の滅菌に使用します。
肝炎関係やオペの器具は全てグルタールアルデヒドという高水準消毒薬により滅菌を行います。

飛沫感染予防

口腔外バキューム「フリーアーム」

口腔外バキューム 歯科の治療では歯や入れ歯を削った際にでる削りかすや金属粉、血液、細菌など目に見えない細かな切削片が飛び散ります。

口腔外バキュームはこうした治療中にお口の外に出る粉塵をより高いレベルで吸い取ることが可能となります。

通常のお口の中を吸う小さなバキュームで取り逃がした様々な細菌、汚染物質を確実に捕集することにより診療室内の空気をクリーンにすることで健康を守ります。

ミーレ

ミーレ 血液や唾液といったタンク質が固まらない温水で、効果的に洗浄をし、付着した汚れを徹底的に洗浄します。

手洗いよりもミーレを使う事により、より高いレベルで均一に洗浄することが出来るようになりました。


ミーレ その後また、オートクレーブにて、滅菌を行いますので、より完璧な洗浄、消毒が可能となります。
その為、二重に安心です。

また、手洗いをさけることによって、スタッフも誤って手を切る事等なくなりますので、より安全な医院づくりにも努めております。

リサ

リサ 小型滅菌器のヨーロッパ基準であらゆる種類の菌を安全に滅菌することが出来るとされている「リサ」を導入しました。

「リサ」は滅菌前に真空」と蒸気の注入を繰り返し行うことにより、内部の隅々まで蒸気を行きわたらせることが出来ます。
その為、従来のオートクレーブでは滅菌出来なかったところまで滅菌出来るので、より安全安心です。

また、乾燥をさせるときには、ドアを開けずに清浄な空気を入れて、真空を繰り返す」ので外からの雑菌を寄せ付けないので、清潔に乾燥することが出来ます。