熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックの入れ歯の治療をご紹介します。

無料メール相談

入れ歯

エステティックデンチャー(エステショット義歯)

入れ歯 金属製のバネを使用しないため、見た目が自然で審美性にとても優れている入れ歯です。
床の厚みを薄くできるため、とても軽くて違和感が少ないです。

従来の多くの金属バネを使用しない義歯は調整や修理がしにくいという欠点がありますが、エステショット義歯なら、顎の土手が痩せてきても内面を裏打ちして、簡単に適合の回復ができます。

エステショットに使用される材料(ポリエステル樹脂)は適合精度に優れており、ぴったりと歯茎にフィットし、弾性もあるため、歯茎や残っている歯にかかる負担が少なくできます。

シリコーン義歯(コンフォート)

入れ歯 コンフォートは硬い入れ歯の内面を生体用シリコーンというやわらかいクッションで覆う、まったく新しいタイプの入れ歯です。

生体用シリコーンの弾性が入れ歯でグッと咬んだ時の歯茎にかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。

生体用シリコーンの柔軟性が痛みを緩和し、咬む力が通常の入れ歯の二倍にもなります。
また、適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、食事の時や話をする時、外れにくくなり、それと同時に歯茎との間に食べ物が詰まりにくくなります。

金属床義歯

入れ歯の骨格に金属素材を使用することにより、とても薄く作る事ができます。それにより、違和感が少なく、熱が伝わりやすいため、食べ物の温度を感じやすくする特徴があります。

さらに金属部にチタンを使用すると、より薄く極めて軽く違和感のない入れ歯となります。生体親和性にも優れており、金属アレルギーの心配もありません。

ミラクルデンチャー

入れ歯 通常の部分入れ歯は、バネやその代わりになる樹脂を残っている歯に引っ掛けて、維持を求めるものでした。

それにより、バネを掛けられた歯は力で揺すられ、だんだんと弱っていき、グラグラになってしまう事が多くありました。また、歯茎にも力が加わるため、だんだんと痩せていくスピードが速くなってしまいました。

しかし、ミラクルデンチャーは特殊な出し入れの仕方と維持方法で、入れ歯と歯と歯茎を一体化させることにより動かなくなくなり、逆に入れ歯が歯を守り、硬い物を咬んでもはずれず、入れ歯そのものの大きさも小さくできるため、違和感を大幅に減らす事が可能になります。

骨格に金属を使用するため、強度があり、とても小さな入れ歯にする事ができ、長期間の使用も可能です。

支えている歯が抜けても修理対応が簡単にできます。
通常の入れ歯のように長いバネも使用しませんので、装着していることも気ずかれにくいです。

ミラクルデンチャーを入れたほとんどの方が、自然で入れ歯を入れている感じがしないと喜ばれています。

ミラクルフィット

ミラクルデンチャーと違い金属を使用しないため、見た目が美しく、軽量で装着感がいいです。

耐久性がやや劣り、厚みが増すため、若干違和感を感じやすくなります。