熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックの痛くない治療をご紹介します。

無料メール相談

痛くない治療

医院全体の雰囲気作り

歯医者そのものが苦手という方もおりますので、

  • 明るく清潔な診療室
  • 歯医者の薬品のにおいがなるべくしないよう薬品の管理など・・・

また、痛みの感じ方や麻酔の効き具合は、恐怖心や緊張、過去のやな経験などの心理的な作用が大きく影響します。

そのために当院では患者様のこれまでの経験をヒアリングし、その方に合った無理のない治療の進め方をしております。

院内の環境面でもリラックスして頂けるよう、癒し効果のあるBGMやアロマセラピーにも配慮しております。

ふかふかのユニットで「歯医者さん」ではないエステサロンにいるようなゆったりとした空間で恐怖心をとりのぞきます。患者さまに少しでもリラックスしていただけるよう空間作りからも配慮しています。

そして、なによりスタッフが常にアットホームな雰囲気で患者様とのコミュニケーションを大切にし、安心を提供することで歯科治療への恐怖心を軽減するよう気をつけております。

何をされるのか? どんなふうになるのか? を明確に!!

治療を行うにあたり十分なカウンセリングをして患者様との信頼関係を築き、より安心して治療をうけていただけるよう、カウンセリングの時間をしっかり設けております。

治療回数や内容が不明確なことにより生じる不安感や恐怖感の軽減をはかっております。
患者様一人一人の立場になり考え行動することで、さらに安心して快適な治療を受けていただけるようスタッフ一同常に心掛けております。

基本的な「無痛治療」

口腔外科用器具 治療中に痛みを我慢したなど辛い経験をしたことはありませんか?
当院では以下のことに気をつけて診療を行っております。

特に麻酔にはこだわりを持っております。

まず、麻酔の時のチクッという痛みを無くすため、表面麻酔という塗り薬の麻酔を針を刺す場所の歯茎に塗り麻痺させます。そして針は細い程痛みを感じないため、33ゲージの極細針を用います。それと同時に麻酔液の温度は体温と同じが一番刺激を感じにくくしますので、麻酔液カートリッジウォーマーを使用し、保温をした物を使用します。

また、麻酔薬が一度にたくさん入ることで細胞が急に膨張することも痛む要因の一つです。そこで、一定の圧力でゆっくり注入できる電動の麻酔注射を使います。機械により繊細な加減で麻酔を打つことができるのです。そんなほんの些細な原因1つ1つをとりのぞき少しでも痛くない麻酔を可能にしました。

その他

  • 突然強い風をかけたり、水を出したりしない。必ずお声がけをさせていただいていいます。
  • 歯がしみてしまう場合は、綿で水分を拭き取ります
  • 痛みの感じるまで我慢せず、しみてきた時点で手を上げてもらいます。
  • 常に声かけをして口を空けたままにしません。
  • 患者様の承諾なしにいきなり歯を削るといった治療をしません。

歯を削る道具

歯を削る際、当院では「5倍速コントラアングル」というものを利用していますので、 歯を削る量を最小限に抑えられます。

当院の歯を削る道具は一般的なものよりも「5倍速」の速さなので、振動が少なく「痛み」「不快感」「削る量」を最小限に抑えることができます。
ケースによっては麻酔をせずとも痛みなく治療できることもあります。

そして、歯を削る時の「キュイーン」という音があまり出ないです。
この音は患者様にとって、「痛い!!」と連想させてしまい、この音が嫌で歯医者嫌いになる方もいらっしゃるくらいです。
この歯を削る道具を利用することでこの音を最小限に抑えることが可能になります。