熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックの充実した院内設備の紹介です。

無料メール相談

充実した院内設備

CT

CT 当院では歯や顎骨を撮影するために歯科用CTを導入しております。
歯科用CTとは歯や顎骨を撮影するために非常に細かい幅で撮影可能な装置で、被爆量が少なく、医科用CTと比べ、ボクセル体積比で90倍画質が優れています。

歯科用CTはとても高価であり、大規模な歯科にしか置いておらず、一般的な歯科でCTが設備されているのは珍しいものです。歯科用CTが置いてある歯科のメリットは、正確な診断はもちろん、わざわざ大きな病院にいかずに治療からCT撮影までその場ででき、無駄な医療費も削減できます。

3D機能により立体的な画像で映し出されるため、従来の一般的なレントゲン情報よりはるかに多く正確な情報が得られ、さまざまな歯科診療でより正確で安全な診断と治療が行えます。

特にインプラント手術や歯周病治療、歯の根の病気に関係する治療の正確な診断、治療計画には、3次元歯科用CTによる撮影が威力を発揮し治療の安全性を高めます。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン 歯科医院で撮るレントゲンは体に悪い影響がないかなど、心配される方もいらっしゃるかと思います。特にお子様や妊婦の方でしたらなおさらではないでしょうか。

しかし正確な診断、治療を行うには必要不可欠なものでもあります。

そこで当院では最新のデジタルレントゲンを導入しております。デジタル式は従来のフィルム式と比べ放射線の被爆量が1/4から1/10程度ですので、安心して撮影することができます。

また、小さなフィルムと違い、モニター上で大きく拡大して、ご覧になっていただけますので、ご自身の歯や顎の状態がより分かりやすくなります。それと同時にフィルムと違い、現像の必要がありませんので、撮影後すぐに診療台のモニターにて撮影画像が確認でき、患者様をお待たせすることもありません。