熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックのマタニティー歯科の治療をご紹介します。

無料メール相談

マタニティー歯科

ヒデ歯科クリニックです。
このページをご覧頂き、ありがとうございます。
マタニティ歯科という言葉に興味を持っていただけてとても嬉しく思います。

さっそくですが、みなさん「マタニティ歯科」という言葉を聞いたことがありますか?

「妊婦さんのことかな?」
「どんなことするのかな?」
「妊婦さんと歯医者さんって関係あるのかな?」

みなさん思いますよね。

はじめてこの言葉を聞いた方が多いのではないでしょうか?
わたしもその中の1人でした。

このマタニティ歯科は、「マタニティ」= 妊婦さんを対象としている歯科のことです。
実は、妊婦さんと歯科は、密接に関係しているのです。

マタニティ歯科は、身近なところで密接に関わってきているのです。

産婦人科の先生やお友達から、 歯科検診の勧めをされたことがある方もいらっしゃると思います。 母子手帳にも、「妊娠中と産後の歯の状態」のページがあります。
市町村によっては、母子手帳をもらうときに一緒に「歯科検診無料クーポン券」を配布しているところもあります。
近くでは、深谷市がそのようなサービスをしているそうです。

では、なぜ「マタニティ歯科」が生活の中で、密接に関わってきているのでしょうか?

このページを読まれている妊婦さんはもしかしたら感じているかもしれませんが 妊娠すると、心も体もいつもと違う状況になります。
もちろんお口の状況も、いつもと違うからです。

  • 妊娠中つわりがあると、気持ち悪くて歯が磨けない
  • おう吐によりお口の中の環境が酸性になり、歯が溶けやすくなる
  • つわりで食が進まず、小分けにして食事をするため、お口の中に常に汚れが残り易い
  • 唾液の分泌量が減る

などの様々な症状があります。
また、妊娠中は女性ホルモンの変化により、 歯周病菌の活動が活発となり、歯肉が腫れたり、出血しやすくなってしまいます。
しかもその菌により低体重児出産の原因にもなると考えられています。

妊娠中は、お母さんのからだがとてもデリケートな状態になっているのです

マタニティ歯科は、“歯が悪くなったら、痛くなったら行くところ”ではありません。
お母さんと、大切なお子様の「お口の健康を守るための歯医者さん」です。

皆さんはかかりつけの歯科医院を持っていますか?
なくなるたびに治療に行く歯科医院は本当のかかりつけではありません。なぜなら悪くなるためにかかったのでは治療を受けるたびに、歯の状態は以前より悪くなってしまうからです。
つまり治療しても歯の状態はどんどん悪化してしまいます。

かかりつけ歯科医院のポイントは、個々の人のリスクに応じたケアを、実施することにあります。 つまり的確なリスクの審査と 定期的なクリーニングが欠かせません。

お口の健康は体の健康、心の健康にもつながります。
自分にあった、良い歯科医院に出会い、マタニティ歯科を通じて、「あなたと、あなたの大切なお子様のお口の健康を守る第一歩」に関わることができれば私たちもとても嬉しいです。

歯医者さんと妊婦さんが密接にマタニティ歯科と関わることによって 子どもたちのお口の健康、体の健康、心の健康にも よい影響を及ぼすことができます。

「あなた自身だけでなく、あなたの大切なお子様のためにも」

ヒデ歯科クリニックのマタニティ歯科には、そのような思いが 込められています。

対象年齢はマイナス1歳からです。

むし歯予防は、お母さんのお腹のなかにいるときからすでに始まっているのです。
なぜかというと・・・。
「マタニティの時期」から始める予防は、何よりも効果的なのです。
むし歯予防は、2つの大きな柱から成り立っています。

1つ目は、「食生活」。2つ目は「フッ素」です。

むし歯の予防には、食生活に気をつければいいことは、みなさんご存知ですよね。
わかってはいても、なかなか本格的に取り組むことが難しいのが現状だと思います。

食生活とむし歯が密接に繋がっていることを、むし歯になってから気付く方もとても多いです。

むし歯ができたお子様は、すでに甘いものが好きだったり 歯磨きが嫌いだったり、生活習慣が偏っていることがあります。

そこから
「食生活に気をつけて下さい!」
「歯磨きを頑張って下さい!」

と言われても、 お母さんにとっても、お子様にとっても、大変な思いをすることになります。

お腹の中に赤ちゃんがいるとき(マタニティの時期)からむし歯予防を始めることで、 むし歯予防の2本柱の重要さを知ることができます。
そして、出産してお子様に歯が生えた時には、 この「食生活」と「フッ素」の2本柱を最優先にむし歯予防していけます。
大変な思いをすることなく、確実にむし歯ゼロを目指すことができます。

私たちは、そのために様々な情報を提供しお口の健康をお手伝いしていきたいと思っています。

歯育は3歳までが重要!

「3つ子の魂百まで」とことわざにあるように、「子育ては、まずは3歳までが重要」です。
実は、歯も同じで 「歯育は、3歳までが重要」です。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。
一番身近な家族から感染するものなのです。
スキンシップによるキスや、食べ物の温度を確認するためにお口にあてたスプーンでそのまま食べさせてしまうことなどにより、むし歯菌がお子様に感染してしまうのです。
3歳までに身に付いた、習慣や考え方は、その後、変えることが難しくなります。
歯育に大きくかかわるのは、

  • 食習慣(特におやつの習慣)
  • 味覚の形成
  • フッ素を使う習慣
  • 歯磨きの習慣
  • 姿勢

などです。

その習慣を、3歳までにどのように身につけていけば、確実にむし歯ゼロに出来るのか、 お口の健康を手に入れることが出来るのか、 具体的にお伝えしていきます。

3歳までに身に付いたよい習慣、むし歯のない歯は、一生の財産です。

この重要な時期に私たちがかかわることにより、 お子様が、一生の財産を手に入れることが出来るよう、精一杯お手伝いしていきます。

生まれてくるお子様のために、マイナス1歳からの虫歯予防を始めましょう

このページをお読みいただいている妊婦さんは、 “あなたのお口の健康“と、”これから生まれてくるお子様の健康“と、 どちらを大切に考えていますか?

妊婦さんの多くは、
“これから生まれてくるお子様のお口の健康のこと”を、大切に考えています。
あなたも、きっとそうでしょう。

そんなあなたには、ぜひあなた自身のお口の健康守ることをおすすめします。
それが、あなたの大切なお子様のお口の健康を守ることにつながります。

生まれてくるお子様のために、今できる3つのこと。

  1. 歯の健診をしましょう!
    生まれてきた赤ちゃんが虫歯になるのは、主にお口の中に虫歯菌が感染するからです。虫歯菌感染の原因になるのは家族、特にお母さんです。子供の虫歯のリスクを考える時お母さんのお口の中の状態がとても重要になります。

    お母さんが定期的にメインテナンスを受けているとお子さんの虫歯になるリスクがそうでない場合の半分になると言われています。成長する赤ちゃんの健康は家族の健康意識の測りになるのです。そこで子育て中のお母さんは お口から虫歯菌を減らさなければなりませんが、すでに虫歯菌や歯周病がある場合これは急にできることではありません。

    ですので、お母さんになる前から自分の歯の状態を知り、 虫歯や歯周病があればきちんと治療して、定期的にクリーニングを受けておくことがとても大切です。 これはお母さん以外の家族にも当てはまります。
  2. むし歯の治療をしましょう!
    →お子様にむし歯菌が移るのを予防します
    妊娠中だからといって何も治療ができなかったり、薬が使えないわけではありません。

    ※妊娠中の歯科治療の注意
    虫歯の治療は、妊娠安定期に治療をしておくべきです。虫歯が進行するようなことがあれば、血中に細菌が侵入し、胎児に悪影響が及ぶこともあります。
    レントゲン写真の撮影は胃の造影検査でも胎児に影響はないと言われていますので、歯科のレントゲン写真も神経質になることはありませんが、治療など相談をしながら進めていきましょう!
  3. 歯ぐきのケアをしましょう!
    妊娠中は、歯ぐきが悪くなるって本当? 妊娠すると歯茎が悪くなるのはホルモンバランスや唾液の量が変化するためです。そしてこの同じ理由で歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。 しかし、これはお口の中をきれいにしておけばこの歯肉炎を防ぐことができます。

    お口の中をきれいにしておくことによって歯周病からの口臭を防ぎ歯石の予防にも繋がります。

これらをしっかり予防することによって、出産後に、笑顔で子育てをすることが出来ます。
まずはご自身にできることから始めてみましょう。
心も体も丈夫で健康に育つことは、家族みんなが笑顔にあふれた生活を送ることに繋がります。

もうすぐママ・・・というこの時期にお口のなかの健診をしてみませんか?

もちろんお子様が生まれてからも、歯のケアは大切になります。

「フッ素はいつからやればいいの?」
「どうしたら虫歯にならないの?」
「いつごろから歯は生えるの?」
「どんな歯ブラシを選んだらいいの?」
「どうやって歯を磨いたらいいの?」

など、お母さんのお悩みを解決いたします!

当院では、母親教室といって 3ヶ月に1回ヒデ歯科クリニックのキッズルームで

  • 歯科からは妊娠中の口腔ケアの重要性について
  • 歯周病予防(妊娠性歯肉炎と早産・低体重児出産との関連)
  • むし歯予防(ミュータンス菌の母子伝播予防)

についてお話をしています。

ママさん衛生士やお口の健康のプロがお母さんの様々なお悩みやご相談にのっていますので是非お気軽にいらしてくださいね!