熊谷市の歯医者 歯科医院ヒデ歯科クリニックの予防歯科をご紹介します。

無料メール相談

予防歯科

これまでは、歯科医院は歯が痛くなったら、行きたくないけど、しょうがなく治しに行く所というのが普通でした。
しかしそれでは、むし歯や歯周病が進行してしまって、もはや手遅れということも少なくありません。
痛みがない時(痛くなる前)に定期的に来院して、虫歯や歯周病にならない様に予防しようというのが予防歯科(メンテナンス)です。
そして当院では予防歯科が最も大切と考えています。

痛くないのに歯医者に行くの?と疑問に思った方、ちょっと考えてみて下さい!

この健康ブームの中、毎日健康に過ごすために、スポーツクラブに通って運動したり、健康食品や労働補助食品(サプリメント)を摂取したり、また人間ドックを受けたりしてますよね?

これらは体が病気にならないように、予防しているわけですよね。
このことをお口の中のことに置き換えてもらうと、分かりやすいと思います。
しかも歯は食べ物を摂取するための大切な器官です。
この歯が病気になったら、全身に及ぼす影響は計り知れません。

「歯が痛くなったり、歯を失って初めて、何も気にせず美味しく物が食べられる幸せを実感しました!」

そんな患者様の声を度々耳にします。
でも出来れば私たちは、歯が痛くなる前、歯を失う前に健康な歯の大切さに気付いて頂きたいと思っています。
歯は1度虫歯になったら(削ったら)、元には戻りません。
私たちは一生懸命治療しますが、人工のもの(つめもの、かぶせもの)で補うだけです。
そして人工のものは、残念ですが、ご自身の歯にはかないません。
一生もつわけではないのです。

自分の歯に勝る治療はないのです。

すなわち悪くなる前に定期的に来院して、メンテナンスを受けることが必要なのです。
また、痛くない時に来院してもらうことで、治療に対する恐怖心がある方にも、リラックスして頂けると思います。
来院回数や治療費の節約にもなります。

歯磨きだけではむし歯や歯周病は予防が出来ない

「毎日歯をちゃんと磨いているのに、どうしてむし歯ができたり、歯周病になってしまうのですか。」

このような質問もよく患者様から受ける事があります。

毎日歯を磨くことはとても大切ですし、絶対必要なことでもあります。
お口の中は自分自身で見ることができず、いくらブラッシングやフロスなどによるケアを行っても、すべての汚れを取り除くことはできません。歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる、歯磨きをしていても除去できない強力な汚れが付着しています。
むし歯菌や歯周病菌は膜状に覆われたバイオフィルムの中に取り込まれてしまい、それがバリアのような役割をしてしまいます。

このバリアを壊さないかぎり、むし歯菌や歯周病菌などに直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。

そこでこのバリアを除去するため歯科衛生士によるプロケアが重要になります。
歯科衛生士は口腔衛生の専門家であり、いわば「予防のプロフェッショナル」といえる存在です。当院では専門知識を身につけた歯科衛生士が在籍しておりますので効果的な予防処置をご提供させていただきます。 一人ひとりのお口を歯科衛生士が継続的にチェックするので、わずかな異変も見逃さずに管理していきます。メンテナンスを受けていただくとむし歯や歯周病の予防効果が高まりますので、長期的にお口の健康を守っていきたいとお考えの方は当院の歯科衛生士にお任せください。

また当院では「担当衛生士制」を採用しておりますので、患者さまのお口の傾向を把握したうえで適した予防処置をご提供できるのはもちろん、顔なじみの衛生士が処置を行うことで、患者さまにもリラックスしていただけます。 お口の健康を当院の歯科衛生士と一緒に管理していきましょう。

メンテナンスルームでの健診の流れ

当院ではリラックスしていただけるような専用のメンテナンスルームがあります。
アロマの漂う、ふかふかの診療台で落ち着いた空間の中ゆっくりとメンテナンスを受けることができます。

1. 口腔内チェック

虫歯がないかチェックしたり、口腔内の変化が起こっていないかを確認します。

2. 歯肉の検査

歯周病の状態を知るために必要な、歯周ポケットの深さ・出血・歯の動揺度などを検査します。

3. ブラッシング指導

歯の磨き方や歯間ブラシの使い方など、患者様に合わせた提案をします。
定期的に確認することで、磨き残しが少なくなります。

4. 位相差顕微鏡

お口の中の虫歯や歯周病の細菌状態が、増えているかどうかを定期的に専用の顕微鏡で確認します。

5. スケーリング(歯石除去)

自分で歯磨きしただけでは落としきれない歯石、歯と歯の細かい隙間の汚れを当院の歯科衛生士が、丁寧に専用の器具で歯のお掃除をします。

6. PMTC(プロによるクリーニング)

歯の表面に覆われた膜状の細菌であるバイオフィルムや歯肉の間の溝の部分を、ブラシやゴム製のチップを専用の器具や研磨剤で、優しく磨き落とします。

7. エアーフロー 別途費用

特殊なパウダーを混ぜた水・高圧エアーのスプレー洗浄で歯の表面にこびりついた「頑固な歯垢」や「着色・タバコのヤニ」、細菌のかたまりである「バイオフィルム」を吹き飛ばし、清掃する器具です。

従来の器具では完全に落とせなかったバイオフィルムを完全に落とし、歯や歯茎にダメージを与えずに汚れや着色を除去することができます。使用後は、歯の表面がつるつるになるため、汚れの再付着も防いでくれます。