ホワイトニング - 歯に関するアドバイス

無料メール相談

予約・お問い合わせは048-522-8241

歯に関するアドバイス

2018/12/04
ホワイトニング

img1812_01.jpg

 

白い歯は顔全体を華やかにし、明るい印象を与えます。さらにそこから生まれる豊かな表情が、これまで以上に気持ちを前向きに変えてくれます。

当院では歯の色や黄ばみでお悩みの方に、ホワイトニング治療をご提供しています。今回はこのホワイトニング治療について、詳しくご紹介していきましょう。

 

 

ホワイトニング治療と他の治療法との違い

ホワイトニング治療では、専用の薬剤を使って黄ばんだ歯を白くしていきます。歯科ではほかにも歯を白くする治療法がありますが、それらの治療とホワイトニング治療にはどのような違いがあるのでしょうか。

クリーニングとホワイトニング

歯を最も手軽に白くする方法は、クリーニングです。歯科ではクリーニング専用の機器を使用しながら、歯の表面についた着色汚れを丁寧に落として歯の白さを取り戻していきます。

ただクリーニングでできるのは、あくまで茶渋やヤニ汚れといった表面の黄ばみを落とすのみ。歯の内側にまで浸みこんでしまった黄ばみまで落とすことはできません。

一方のホワイトニング治療は薬剤を歯の内部にまで作用させ、クリーニングでは落とせない内側の黄ばみ汚れを分解、漂白することができます。

かぶせ物とホワイトニング

歯科ではその他に、つけ爪のような薄い板を歯の表面に貼りつけるラミネートベニヤや、セラミックの詰め物、被せ物で歯を白くする方法があります。これらの治療は歯の色だけでなく、歯の形や歯並びも調整できる点がメリットです。

しかしこのような人工物を使用した治療は、歯を削ることを余儀なくされます。一方のホワイトニング治療は薬剤で歯を漂白するので、健康な歯を一切削る必要がありません。したがって歯を白くすることだけを目的とするならば、ホワイトニング治療の方が歯に対する負担が少ないといえるでしょう。

 

ホワイトニング治療の種類

ホワイトニング治療には方法の違いによって、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」の3つの種類に分類されます。ここではそれぞれのホワイトニング法の詳細やメリット、デメリットなどについてご紹介していきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは薬剤の塗布、光の照射など、治療に関するすべての作業を歯科医師または歯科衛生士が院内でおこなっていきます。

オフィスホワイトニングのメリットは、施術した瞬間からその効果を実感できること。基本的に1回の施術で歯を白くできるため、友人の披露宴や面接など、時間に余裕のない人におすすめの方法です。

ただし効果があらわれるのが早い分、後戻りも早いのが欠点といえます。また1回で得られる効果も個人差があるため、人によっては複数回の施術が必要となります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは患者様が自宅でおこなうホワイトニングです。歯科医院では患者様のお口に合わせたマウスピースを作製し、専用のホワイトニングジェルと一緒にお渡しします。患者様は自宅にてマウスピース内にジェルを流し込み、それを毎日一定時間装着していきます。

ホームホワイトニングの良いところは、後戻りが少なく、白さを長く維持できる点です。また何度も通院する手間がなく、自分のペースでホワイトニングができるものメリットといえます。

一方で効果があらわれるまで多少時間がかかるため、「すぐに歯を白くしたい」という方には不向きでしょう。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時におこなうホワイトニング法です。

それぞれのデメリットをお互いにカバーしあうため、ホワイトニングの効果は3つの方法の中で最も優れています。

ただオフィス、ホームの2種類分の費用がかかるため、治療費が高額になる点がネックといえるでしょう。

 

ホワイトニング治療で効果が得られない歯もある

歯を削ることなく、歯そのものの色を白くできるホワイトニング治療ですが、すべての歯に適応できるわけではありません。ホワイトニング治療をご希望の際は、自身の歯が以下の点に該当していないか確認しておきましょう。

神経のない歯

大きな虫歯で神経を取った歯は、時間がたつにつれて黒っぽく変色していきます。ただ神経のない歯の色に関しては、先に記したホワイトニング方法で白くすることができません。神経のない歯を白くする場合は、「ウォーキングブリーチ法」という別のホワイトニング法か、被せ物で白くする方法が選択されます。

詰め物・被せ物

ホワイトニングは天然歯を対象にした治療法であるため、変色した詰め物や被せ物を白くすることはできません。

古くなって黄ばんでしまった詰め物や被せ物に関しては、新たに作り直して白さを取り戻していきます。

薬剤によって変色した歯

永久歯が作られる時期にある種の薬剤(テトラサイクリン系抗生物質)を服用していた場合、その副作用によって歯がグレーに変色することがあります。このように薬剤によって変色したケースはホワイトニング治療を適応することができません。

薬剤による変色歯に関しては、先述にもあるラミネートベニヤ法や被せ物で歯を白くすることができます。

月別アーカイブ